福田優子プロフィール

東京、仙台の箏(琴)教室

仙台市出身。
沢井箏曲院師範、沢井忠夫合奏団団員、日本三曲協会会員、藝能学会会員
福田優子箏(琴)教室主宰

 

生田流箏曲および地歌三弦を、沢井一恵氏・梅岡友紀子氏、箏組歌を岡村慎太郎氏に師事。
1994年、箏アンサンブルグループ“箏衛門”(そうえもん)のメンバーとして演奏活動を始める。
実践女子大学院文学研究科在学中は芸能史研究に専念。
大学院修了後、沢井一恵氏の内弟子となり同時に演奏活動を再開。

 

2000年、沢井箏曲院教師免状試験主席合格(優秀賞受賞)。箏衛門1stCD「箏衛門」リリース。
2001年、第46期NHK邦楽技能者育成会を卒業。同期生3人とともにアンサンブルグループ“GARA”を結成し、2003年第9回長谷検校記念全国邦楽コンクールに団体出場、優秀賞を受賞。
2004年、梅岡友紀子氏指導の下、仙台の若手演奏家等と共に“箏アンサンブル結い華”(ゆいはな)を結成し、地元での活動も始める。同年、沢井忠夫合奏団に入団。
2005年シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭(ドイツ)、2006年ケベック博覧会(カナダ)に、いずれもNHK伝統和楽団の団員として、参加。
2007年、仙台にて「福田優子箏リサイタル~物語ること」開催。以後、「物語ること」シリーズとして定期的に演奏会を開催。
2012年、箏衛門2ndCD「箏衛門 其ノ弍」リリース。
2014年より2018年まで、文化庁「文化芸術による子供の育成事業」巡回公演に「さくらこまち和楽団」団員として参加。
2016年、日伊交流150周年記念式典にて、秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻の御前で演奏。
2019年、芸術祭十月大歌舞伎、坂東玉三郎丈補綴の「二人静」に箏曲連中として出演

 

これまでに、NHK「BSハイビジョン特集」「芸能花舞台」「芸術劇場」「にっぽんの芸能」等に出演。
現在、東京・仙台を中心に活動を行っている。